欲しかったのは自分の人生

  • 2016.11.05 Saturday
  • 02:02

おもしろい記事を拝見しました。

 

「働きマン」を読んで育ったアラサーがいきなり「タラレバ娘」を突きつけられても困るっていう話。

アラサーの半径5m その3|note(ノート)

https://twitter.com/eu_calyptus2/status/793795434577661952

 

あーーーそうそう!これこれ!わかるわかる!!てなった。

 

お勉強もがんばれ、女子も自立して生きていけるような仕事を持てって煽られて、

その中で自然にそこを選んでやってきて、10年たったら突然はしごはずされる感じ。

「勉強も仕事もがんばった上で女子力高めでキラキラ輝くのが唯一のゴール」とか無理ゲーすぎませんか、と。

 

私の場合わりと小学生の頃から「一生できる仕事を持て」と育てられたので

半ば刷り込みのように「自分が多少なりとも好きで、一生一人で食っていけるくらいの仕事を見つけなければいけない」てずーと思ってきた。

親のせいとかは思わないし、結果的にはよいことだったとは思うのだけど、

30前後になったときの「次は結婚だね!」的なオーラには閉口したもんです。

(結局好きなようにしかやってないし、親のプレッシャーの嵐も一通り過ぎ去って、さてどうしようかというフェーズなのでもうだいぶ気楽だけど、まじめな人はつらいだろうな〜と。

 

で、なんでこの道に行ったんだっけ?て思い出してた。

 

学生の頃フランスに遊学しておりまして、大学卒業時に「フランスに行って結婚するか、日本で就職するか」みたいな二択を迫られたのですが、

どうしてもどうしてもどうしても、社会人経験のないまま誰かと人生を共にするって決断ができなかった私。

その根底にあったのはなんというか

 

「自分で歩ける人生がほしい。自分で立ってからどっちに行くか決めたい」

 

みたいな、まさに親から刷り込まれたかもしれない(笑)強い自立心だったのです。

人に寄り添うのではなく、先に自分の人生が欲しい。その上でしか人との生活なんて考えられない、て強く思った。

 

そのときはそれがエゴのように感じられてすごく落ち込んだりもしたけど、

なんというかもう、そういう性質の人間だったんだな、て今となっては諦めたりもできるから人生不思議なものです。

 

そういう風に、人の性質や人生なんて千差万別十人十色なのだから

社会が個人の生き方や趣味に口出しして「これしかダメ!これしか幸せじゃない!」みたいのがおかしいのだよ。

老若男女問わず、そういうのがなくなったら、同じ状況でももちょっと生きやすくなるんじゃないかなあ。

 

もっといろんな人生があっていいし、もっと人生楽しくあるべきなんだよな。

 

かわいくてもかわいくなくても、お金持っててもそこそこでも、家族がいてもいなくても。

"自分は自分の人生で楽しいわ"てみんなが思えるような世の中になってほしい、と願う秋の夜更けでした。

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 02:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    はじめまして。
    いつもTwitterとブログを
    楽しみに拝読しております。

    この記事を読んで、
    そうだよこれだよこういうことだよ!
    と、激しくうなづきつつ
    とても共感しました。


    他人の物差しに振り回され過ぎず
    わたしも私の人生をしっかり握って
    堂々としあわせでいよう!
    と、背中を押された気分になりました。
    餅子さんの文章、読むと元気が出ます。
    とても好きです(・v・)


    東京の片隅から
    これからも応援しております。

    冷え込む季節ですので
    お風邪など召しませぬよう
    お過ごしください。

    では。











    • かな
    • 2016/11/05 9:57 AM
    >かなさん
    わざわざコメントありがとうございます。
    なんだかとっても嬉しい気持ちになりました。
    ほとんど自己満と自分の気持ちの記録、と思ってやっているのですが、
    こんなことを言っていただけると書いてみてよかったなあとしみじみしてしまいました。

    >他人の物差しに振り回され過ぎず
    >わたしも私の人生をしっかり握って
    >堂々としあわせでいよう!
    やーほんとこれなんですよね。みんながそう思えたらもっと気楽で楽しい世の中になるのではないかなあ、と。

    かなさんもご自愛ください。
    何かありましたらまたいつでもどうぞ:)
    • 餅子
    • 2016/11/05 6:40 PM
    コメントする








        

    selected entries

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM