品性とお仕事の関係

  • 2017.02.18 Saturday
  • 13:10

今週はいろいろあってmore than exhastedで一週間を終えた俺様です。

物理的な仕事量、出張の移動、などももちろんあったのですが、

なんというかそれに伴って”仕事よりも政治が好きな人が物事を動かそうと暴れてる”のを見てて疲れた気がしてる。

 

いますよね。社内政治活動が大好きな人。

たぶんそれが得意な自負があって、自分がそれでここまで来たっていう意識が強いんだろうなあ。

自分が義憤に駆られてるフリをしながら、人を貶める言葉を他人に吹き込もうとする。えげつな。

 

好きにやればいいしそんなことで出世したいならどうぞがんばって、と思うけど、

ほんとに興味ないから巻き込まないでくださいお願いしますってだけなんだよね。

なんだろうなあ、人を貶めないと自分が上がれないと思っているのかなあ。

 

「どんなに苦しくても品性だけはいやしくなっちゃだめよ。人を落とすんじゃなくて自分が上がるのよ」

 

という菜都子ママ(c.一条ゆかり)の言葉を胸に刻印してやりてえ。

自分で言うのもなんだけど、私は意地が悪くても品性は清潔であるなあとつくづく。

 

とはいえ思い返せば、徒労感に苛まれてた前部署の仕事の最後らへんとかはやっぱり他人のことにとらわれそうになった瞬間もあった。

だからわかるんだけど、無駄にややこしいこと言い出す奴は、だいたい心がなにかの欲求不満なんすよ。

その上それを自分で認められないから変な形に歪んで肥大していくんだ。

 

というかね、長い目で見たら自分に正直であり、信用に足る人間であることのほうが大事なんです。

 

うさんくさい人間ってその場はみんな空気を読んで合わせてくれていても、

いざというときにバックアップしてくれるような人はいない。立場が変われば相手をしてくれる人が周りに誰もいなくなるものだもの。

 

ここ数年、いろんな環境で仕事をして、周囲も転職したり偉くなったりして、お仕事のことをよく考えるんだけど、

仕事ってマチュアになっていくのに3つの段階があるって思っている。

 

1)自分のことが一人で出来るようになる

困ったことがあっても人に訊きながら助けられながら仕事が完遂できるようになってまずは一人前

 

2)他人を巻き込んで仕事ができるようになる

自分のプロジェクトを他人と一緒に作っていくことができるようになる段階。パッションや見せ方を工夫して戦略的に物事が進められるようになる

 

3)人としての求心力を身につける

その人にならついていこうっていう気持ち。人を惹きつける力。チャーミングであること。自分のチームを作り上げることができる人はそういう人

 

そのどれが欠けてもいいマネジメントにはなれないのだけど、自分の立場を即自分の力と勘違いする人間も多いのもまた困ったもんだ。

下劣な人間が多すぎるポイズンな世の中でも、自分を見失わず、やるべきことをやって、きちんとした大人になりたいと願う今日この頃です。

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 13:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    selected entries

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM